© 2019  -Ekotumi- official site

  • Grey Instagram Icon
  • Vimeo - Grey Circle
  • Facebook - White Circle
  • Grey Facebook Icon
  • YouTube - Grey Circle
  • Grey Twitter Icon

 Japanese English

・エコツミ・より大事なご報告 important confession by Ekotumi about attempted accident

May 20, 2019

This is about attempted rape

Englsih is below

 

無事にまたひとつ年齢を重ねることができました。

そんな節目に、みなさんにご報告したいことがあります。

少し重い話&とても長文なので、見たくないよという方は

是非ともこれ以降は読まずにスルーしてくださいな。

 

 

 

3年と少し前のこと。

ある日は私は刃物を持った見知らぬ男に襲われました。

いわゆる強姦未遂事件です。

 

その時の私は果敢に立ち向かい、

鍛えた声ですさまじい悲鳴をあげながら、

刃物をもった手に飛びつき、蹴り上げ

無事に傷ひとつ負うことなく警察に助けてもらうことができました。

反撃に焦った犯人が捨てて逃げたものからDNAを採取。

時間はかかったものの昨年3月にやっと逮捕の運びとなりました。

 

 

襲われていた時間は決して長くなく、

ずっと前にスタッフがストーカーになって2年ほど脅迫に苦しめられた私にとっては、

「これくらいのことなんでもない」。

はずでした。

 

ストーカー事件の方がずっとつらく、長かったのに、

刃物がでてこないそれは、警察でもどこでも「よくあること」。

一時期は歌うこともできず、活動再開は偽名で行わざるを得ませんでした。

それなのにこの事件では通報からすぐに多くの警察官が駆けつけてくれて、

その後も事態を重くみてずっと犯人を追い続けてくれてる・・・。

ありがたい反面、釈然としない気持ちに苛まれました。

 

だから、逮捕までの2年とすこし。

私はできるだけ、この事件を「これくらいのことなんでもない」と自分に言い聞かせ、

そうすることで「ストーカー事件の方がもっと大変だったから」と理解してもらおうとしていました。

「よくあること」なんかじゃない。

あれはたしかに、地獄だったのだから。

 

 

けれど結局のところ、ストーカー事件も刃物事件も

ひどい出来事に変わりはありませんでした。

逮捕前から度重なる警察、検察での証言に加え、

衝立越しとはいえ裁判所での犯人との対面、

そしてなぜか毎回海外ツアー直後日程の裁判は、

私の心と体にとても大きな落差を突きつけました。

震えて家から出られない。

去年はそんな日が続いていたのです。

 

 

裁判のあと、被害者支援センターの方のすすめで、

PTSDテストを受けました。完全に、PTSD。

追体験に等しいカウンセリングプログラム。

その数ヶ月は非常に苦しくて、

なんでもないと自分に言い聞かせるためにやたら飲み歩いたり、

そうかといえば家の中でも隣の部屋にいけないほど精神的に弱り、

しばしば一日中泣き、可能な限り仕事を断り、

そうして事実と何度も向き合いました。

 

 

刃物で刺されていない。レイプされていない。

それでも私はストーカー事件のときからずっと傷つき、おびえ、

刃物事件のあとには、その度合いがさらに増していたのです。

毎日外に出るたびに恐怖し、人と会うのが怖く、

ライブのあとにファンの方が握手にきてくれるのもしんどい日さえありました。

怖くて手足が震えることは頻繁すぎて、気にもとめていませんでした。

そう、まったくもって「なんでもない」ことではなかったのです。 

 

 

 

本当は事件直後から、何度もSNSで公表しようと思いました。

一人で抱えるのがつらすぎて、誰かと共有したかった。

でも、どうしてもこのまとまらない感情をそのままぶつけるのが怖くて、

「・エコツミ・」でなくなってしまう気がしてできませんでした。

でも、それよりなにより、また責められるのが怖かった。

 

 

どうせ夜遅いのに歩いてたんでしょ?

スカートだったんじゃない?

あなたに隙があるからいけないのよ。

襲われる意味がわからない。

日頃の行いが悪いってことよね。

生命エネルギーがおちてるんじゃない?

襲われたということは襲われたかったってこと。

人生にトラブルはつきもの。つらいなんて甘えないで。

 

 

簡単に手に入ると思っていた「大丈夫?」という言葉は、

実はほとんどの場合において手の届かないところにあるものでした。

 

 

襲われた日、私はパンツスーツ風。

仕事のトラブルがあって、結構な速さでかつかつ歩いていました。

暗い道を抜けることもあり、後ろを定期的に振り返りながら。

 

けれど犯人は、途中の寄り道も含め25分ほども駅から執念深く、

そして巧妙につけてきていました。

  

 

もし私がスカートだったら?

酔ってふらふら歩いていたら?

 

 

私は、その時だって100%犯人が悪いと言いたい。

スカートでも、隙があっても、だからって襲っていいわけがない。

でもきっと、ひどく自分を責めたと思います。

 

 

 

私はたまたま未遂に終わりました。

それは本当に偶然です。

未遂じゃなかった可能性もたくさんありました。

同じことがおきたとしても、また同じように抵抗できるとは思えません。

  

  

想像を、してみてほしいのです。

もしあなたが、あなたの大切な人が、

傷つけられてしまったら。

 

 

私を「責めた」言葉たちのほとんどは、

善意からきているのはよくわかっています。

もう同じ目に遭わないようにと。

それでも、私はひどく、ひどく追い詰められました。

未遂にも関わらず、絶望的な気持ちに苛まれました。

 

 

 

もし、いつかあなたがひどく傷つき、歩けない人に出会った時、

「相手のため」の言葉の前に、

一呼吸おいてまずは寄り添ってあげてほしいのです。

あなたが悪いのではない。

絶対に犯人が悪いのだと、そう伝えてあげてほしいのです。

 

 

もし、すでにあなたが傷つき、歩けない状態だったら。

忘れないでほしいのです。

傷は必ず癒えます。

時間がかかるかもしれないけれど、

傷は、絶対に癒えるのです。

 

 

脅迫状に自分の曲のタイトルが初めて使われた時でしょうか。

(それがどれくらいの意味をもつか、アーティストの方はよくわかってくれると思います。

私はそれ以来、まだその曲たちを歌えていません。)

 

魂の一部が死んでしまった。

私はそう感じました。

なにをしてももう戻ることはないと。

けれども、今それが少しずつ呼吸し始めているのを感じています。

カウンセリングプログラムも終わり、とても落ち着いた毎日だけれど、

私もまだ傷が癒える道のりの途中です。

 

 

 

これを日本語で公表するべきか悩み続けました。

正直、書きながらまだ悩んでいます。

それでも、これが今の私。

それをみなさんと共有したかったのです。

 

 

ずっと犯人を追い続けてくださった警察のみなさん、

具合が悪くなってたどり着けない私を地下鉄まで迎えにきてくれた検察の方、

あふるる情熱と共に裁判で戦ってくださった私側の弁護士さん、

絶対に犯人に見えないように徹底してくださった裁判所の方々、

そして、親身になってサポートし続けてくれた被害者支援センターのみなさん、

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

そして、私の話を聞いて犯人に憤ってくださった方々、

心底救われました。ありがとう。 

 

最後になりましたが、これを読んでショックを受けてしまった方

読みたくもないのにうっかり読み進めてしまった方、

いらっしゃいましたら本当に申し訳ありません。

 

誕生日というわがままを通させていただいちゃいました。

今は本当に落ち着いていて、曲も本も書いて、楽しく過ごしています。

今年の後半からは日本でもたくさんライブを予定してますよー。

お会いできたら嬉しいです。

 

 

*カウンセリングプログラムは全都道府県にあるわけではないそうです。

願わくはすべての被害者支援センターに広がりますように。

 

 

Today, 20th May, is my birthday!
At such a milestone, I would like to confess to you.
Because it's a bit heavy story & very long sentence, if you don't want to see it please pass through without reading after this.

 

 

That was three and half years ago.
One day I was attacked by a stranger with a knife.
It is a so-called attempted rape.

 

At that time I attacked him first with screaming. Jump with him hand holding a knife and kick up him.
He run away and I was safe, called the police without any physical damage.
During run away, he dumped his knife, gloves and mask. Police could collect his DNA from those.
It took a long time, but finally he was arrested last March.

 

The attack time was not long,
So for me, who had been stalked a long time ago about 2 years by ex-staff,
"It's nothing."

 

 

The stalking case has been much harder and longer, but no knives have come out, the police and everyone said "This is a common thing."
Even though I could not sing for a while, I was forced to reactivate under the other fake name.
However, in this case, many police officers rushed in immediately after the call, and they kept trying to keep things going and chasing the criminal.
I felt thank you but at the same time I remain in the dark.

 

 

So, during two years until his arrest,
As much as I could, I was telling myself "this is nothing", and unconsciously I was trying to make the others understand "the stalking incident was more hard."
It's not a "common thing".
It was hell.

 

But after all, the stalking incident and the knife incident, both were terrible.
In addition to repeated police and prosecution testimony before arrest, Meeting with the criminal in the court, though overtaking, every trial schedules were immediately after Europe tour,
those made me bad.

 

After the trial, I took the PTSD test. The result was just PTSD.
A counseling program was equal to relive the incident.
It's very painful for a few months.
I have to go out and drink in order to tell myself nothing, I could not go to my next room because of too much tired mentally, often cry all day, as much as possible I refused my works, and I faced the fact many times.

 

I was not stabbed with a knife, was not raped.
But I had been wounded and scared since the stalking incident and after the knife incident, that became bigger.
Every time I went out, I was afraid.
I was scared to meet people even when some fans came to me for a handshake after my show. 
My hands and legs was often shivering,
Yes, it was not "nothing" at all.

 

 

I wanted to confess this thing on SNS many times.
It was too hard for me to hold it alone, and I wanted to share it with someone.
However, I was afraid because I don't want to up this hard emotion. Is this EKOTUMI work or not?
And more than that, I was afraid to be blamed again.

 

You walked late at night?
Wasn't it a skirt?
You are left open to attack
It means your daily behavior is bad
Because your energy is not good.
Why you were attacked is because you wanted to be attacked
Trouble is common in life. You should NOT say it's hard

 

I expected 'Are you OK?' but it was out of my reach.

 

The day I was attacked, I was in pantsuit style.
Because I had a trouble with my work, I walked at a good speed. Sometimes I had to go throug the dark path, I was looking back at regular intervals.
However, the criminal was success to follow me.

 

If I was a skirt?
If I drunk deeply?

 

I want to say the criminal is 100% bad. Even when skirt or a gap, there is no reason to get attack.
But maybe I blame myself badly.

 

Please imagine.
If you or your loved one get attack?

 

I know most of the words that someone blamed me, comes from good intentions.
For me. to no more same damage.
I know that. I know.


But those words were too hard. too bad.
I felt hopelessness.
Don't forget, that is second rape.

 

If you meet someone who is attacked and badly hurt.
Before the words "for you", please stand by. 
Please tell, You are not bad.
The criminal is absolutely bad.


If you are already attacked and hurt
Please don't forget,
I can tell you the wounds will heal.
It may take time, but the wound will heal absolutely.

 

When the title of my songs were used for a threatening letter by stalker,
(I think the artist knows how much that means, I have not sung the songs since then.)

 

I felt a part of my soul was died. It will never re-live.
But now I feel the soul part is starting to breathe little by little. 
Now the counseling program is over. I'm good and in a very calm everyday, I am also walking on the way of healing wounds.

 

It's my first time to confess this in Japanese. And details in English.
I wonder I should do or not still honestly.
But this is me.
I wanted to share with you.

 

The police who kept chasing the criminal, the prosecutors who came to pick me up to the subway when I felt bad, the lawyers of my side who fought in the court with a passion, The people of the court who thoroughly made them invisible to the criminal, and the victims support center always with kindness,
I really appreciate.

 

And my friends who got the anger to the criminal when listened this confess, You saved my heart. Thank you.

 

If you are shocked to read this, or if you read this accidently, I want to apologize.


Please forgive me because of my selfish birthday!
I am really calm now, writing songs and books and having fun with singing. I plan to have many live shows in Tokyo from the second half of this year. I am glad if I can see you.

 

Thank you always.
Ekotumi
 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

ヨーロッパ三都市ツアー Tour to Paris&Lille&Liege!!

July 2, 2019

1/10
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ